旦那へのイライラはあなただけではありません!生理前の悩み。
旦那へのイライラはあなただけではありません!生理前の悩み。

PMSの治療で旦那へのイライラを改善!~治療薬の安全性は?~

PMSによる生理前のイライラは病院で治療できる!

生理前のイライラがPMSだった場合、病院で治療することが可能です。きちんと診断してもらい、医師の指示に従って治療を行えば、生理前に旦那と喧嘩をすることもなくなります。実際にPMS改善の治療を受けた人の声を聞きましょう。

病院で治療してPMSが改善された女性たちの声

漢方薬でちゃんと治せました。(N・Mさん)

私は生理痛とは無縁なくらいで、友達と生理痛が辛い話をしても、あまり分かりませんでした。でも、就職をして忙しくなってきた頃になると生理痛が出てきました。生理前も精神的に落ち込んだり、些細なことでイライラしたりするようになりました。友達とPMSの話をして、私はその病気だと思いました。すぐに病院へ行って検査を受けると、PMSと診断されて治療をすることになりました。しかし、薬を飲んで副作用が起きた時に、仕事に影響が出ないか心配だったので漢方で治療することにしました。治療を始めて1ヶ月くらいで症状が改善したので良かったです。

旦那にイライラすることもなくなりました。(R・Aさん)

治療前は、生理前になると旦那との喧嘩が絶えないような状況でした。生理前だからとうことと、PMSかもしれないということも頭にはありましたが、違った場合は迷惑になると思いなかなか病院へ行けませんでした。でも、あまりにも症状が辛いと感じ、思い切って病院へ行き治療を始めました。そして、治療を始めて2ヶ月くらい経つと、生理前のイライラしやすい状態が落ち着いてきました。旦那との喧嘩も無くなってきて、穏やかに過ごすことができています。

病院での治療は効果ありました!(M・Tさん)

私は、生理前になると体調不良と精神的に不安定になります。おそらくPMSだろうという自覚はありました。この症状が30代になって悪化したので、市販の薬を飲むようになりました。でもあまり効果がなく、生理前になると家庭内で旦那にイライラしてしまう日々を送っていました。そこで、旦那にも悪いと思っていたので病院に行くことにしました。診断の結果は、やっぱりPMSでした。病院では、私の症状合わせて薬を処方してくれました。治療を始めて効果も出て症状が軽くなっていきました。

旦那と喧嘩する回数も減り、今では夫婦円満です!(Y・Wさん)

私はPMSというものを全く知らず、生理前はこんなもんと生活してきました。イライラする時期がきたと分かりつつも旦那に八つ当たりをしていました。友人と愚痴のように生理前の話をしているときにPMSの存在を知り、友人のすすめもあり病院に行くことにしました。やはりPMSだったようで、病院から処方された低用量ピルを処方されて治療を始めました。治療のおかげで以前のイライラだけではなく、生理不順や生理痛も改善されました。今は旦那とも仲良く暮らしています。

女医

口コミを見ても分かるように、病院で自分に合った最適な治療を受ければPMSを改善することができるのです。200種類以上の症状があるPMSですが、患者に併せて治療を行うことができます。では、具体的に病院ではどんな治療が行われているのでしょうか。次で詳しく見ていきましょう。

病院で行われているPMS治療とは?

PMSの症状は人それぞれですが、どのような治療を行うのでしょうか。適切な治療を受けることで早く生理前のイライラする状況を改善することが出来るかもしれません。治療に使用される薬はどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

薬による治療

PMSの治療では薬を処方されることがあります。その薬の種類は大きく分けて3つあります。それぞれの薬の副作用や安全性を把握しておくと安心です。

低用量ピル
不妊対策や生理不順で使用されるイメージがありますが、PMSの治療でも処方されます。同じ低用量ピルでも「マーベロン」や「アンジュ」「オーソ」など種類があります。服用し続けることでPMSの症状を改善出来ますが、人によっては副作用が出てしまいます。副作用の症状も人によって違いますが、頭痛や肌荒れ、吐き気などがありPMSの症状よりも辛くなる場合もあります。
それぞれの症状を緩和する医薬品
PMSの時に出る症状に合わせて処方される薬です。例えば、身体的に頭痛や腹痛があれば痛み止めを処方します。また、精神面が不安定でイライラする、だるいなどの症状がある場合はアミノ酸製剤や滋養強壮剤などを処方してPMS時期の症状を抑えます。この症状を抑える薬を処方してもらう時には、自分がどのような症状で苦しんでいるかをきちんと伝える必要があります。
PMS治療薬
PMS治療薬は、専用の薬でハーブなどを中心に作られています。そのため、副作用を引き起こす可能性が低いです。成分を見ると、精神的症状の緩和をする薬だと思うかもしれませんが、PMS治療薬は身体的症状の緩和にも効くので、療法の改善が期待できます。この治療薬は歴史が浅いが、今後のPMS治療のために高い効果が期待されています。

漢方薬による治療

低用量ピルが体に合わない場合は漢方薬で治療を行う場合があります。医師の診断によって適切な漢方薬が処方されます。医師は、PMSのイライラや、気持ちの低下、頭痛、むくみなど、体の中の「気・血・水」という構成から不調が出ている部分に合わせて選んでくれます。

イライラを緩和する効果がある漢方薬

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、イライラする症状が出る人に効く漢方薬です。イライラの他にも、むくみや倦怠感、血行の改善に効果が期待できます。桂枝茯苓丸の中に含まれている「柴胡・芍薬・当帰」が働きを良くしています。
加味逍遥散(かみしょうようさん)
加味逍遥散(かみしょうようさん)は、抗うつ状態の改善や、不眠、疲労感、不安感などの精神的症状を緩和してくれます。また、血流をよくする効果あるので、むくみの改善をして、イライラも抑えることが出来ます。
抑肝散(よくかんさん)
抑肝散(よくかんさん)は、感情をコントロール出来るように作用する漢方薬です。特にイライラする人や、以上に感情が高ぶり抑えることが出来ないという人に効果が期待出来ます。症状に合わせて安全な漢方で治療が出来ます。
TOPボタン